気になる美容情報 カロリー

MENU

カロリー

ダイエットを成功させようとしている人は、日頃から少しでもカロリーを抑えようと考えてる。
低カロリー食や、低カロリー飲料といったものを選んで食べたり、飲んだりしている人も多いはず。
色々調べてみるとアメリカの大学の研究チームによる10年にわたる調査の結果、太りすぎの人と肥満の人のうち、低カロリー飲料を飲んでいる人は、その減らした分のカロリーを他の食事などによって補っているという事実が明らかになりました。

 

これは、2万4000人分のデータから導かれた結果みたいなので、傾向としてかなり信用できるものだとか。
この調査結果の発表によると、太りすぎの人のうち、砂糖入りの飲み物を飲んでいる調査対象の平均カロリー摂取量は、1日あたり1874キロカロリーであったのに対し、低カロリー飲料を飲んでいるグループの平均カロリー摂取量は、1日あたり1965キロカロリーであったといい、肥満の人のうち砂糖入りの飲料を飲んでいる人たちの平均カロリー摂取量は、1日あたり1897キロカロリーで、低カロリー飲料を飲むグル−プでは、1日あたり2058キロカロリーとのこと。

 

このように、カロリー値の高い砂糖の摂取を抑え、カロリーの少ない、もしくは”0”の人口甘味料により甘味を加えた低カロリー飲料を飲んでいる人たちは、砂糖入りの飲料を飲んでいる人たちに比較してより多くのカロリーを他の食事などから摂取しているということだそうです。
これには驚きです。

 

 

自分がまさにそれかも(笑)前から、少しでも甘味が強い人口甘味料を、低カロリーだからといって習慣的に摂取していると、甘味に対する味覚が鈍化し、食べ過ぎにつながる危険は指摘されていたみたいです。
また、現在、人口甘味料を摂ることによって、ドーパミンなどの神経伝達物質が多量に分泌されることが判っています。
どうやら、このドーパミンは人に快楽を与えるみたいなんです。
だからこのようなことが習慣化すると、快楽のためにドーパミンの分泌を欲するようになります。

 

この状態は甘味に対する依存症になります。
薬物などに対する依存症もこれと同じ事になるみたいだけど、人口甘味料の依存性は砂糖以上で、更に言えば麻薬以上とまで言われています。
調べれば調べるほど怖くなるな(笑)

 

通常の食物にも甘味は含まれてるから、甘味に対する依存症になってしまえば、甘味を感じるものであれば何でも食べたいといった、飲んだり食べたりに対する欲求を抑えられなくなってしまう。
ということは、過食につながる危険があるということになるかな…。
低カロリーだから太らないと思って、水と一緒のような気持ちで飲んでいると大変なことに。
私がその1人(笑)夏で暑くて喉がかわくから、どうせならコーヒー牛乳をつくって飲みます(笑)
もちろんゼロカロリーいれて…。
ヤバイな。
ちなみに、人工甘味料と水を飲んだときを比較すると、人口甘味料は血糖値のピークを高くすることが研究によって明らかになってるみたいだし。
結論として、楽して痩せようなんて考えちゃダメ。
ダイエットを本当に成功させたいなら楽な道に走らずに、間違いのないように適度な運動と、甘いものを控えてがんばって美魔女を目指さなきゃ