気になる美容情報 シミ

MENU

シミ

女性を悩まし続けているシミ
そのシミを撃退すべく自分の母親が飲んでいるサプリが気になります。

 

うちのお母さんが毎日飲んでるのは、キミエホワイト
聞いたことある人多いんじゃないかな

 

韓国ドラマの間のCMでよく流れてるんです。
このキミエホワイト、社長が自分のお母さんの為に作ったみたいで、なんとなく効き目がありそうですよね。
案の定、うちのお母さんもその宣伝に乗っかった感じで結構のんでます。

 

お母さんは、いろいろやってるので、どれが効いてるのかイマイチはてな?なところもあるんですが、すっぴんの肌の色がくすみが消えて明るくなった感じがあるんです。
これは、キミエホワイトのおかげかぁ〜って、おかあさんも思ってるみたいです。

 

このキミエホワイトより効果ぎ期待できるのなんてないのかなぁって検索したら、ありました。
その名はロスミンローヤル

 

 

国内唯一、小じわ、シミに効く医薬品なんだそうです。
国内唯一って惹かれますよね(笑)

 

薬なので、厚生労働省がしみ、しわに効くと効果を認可したお墨付きということになるみたいです。
スゴイ!
でも、シミに効くとされているロスミンローヤルだけど、効果がでる場合とでない場合があるんだとか。
シミの種類によってはまったく効果がない場合があるからまずはシミの種類をしっかり把握しとくといいかも。
ロスミンローヤルでは消えない?6つのシミの種類を調べてみました。
シミといっても、いろいろ種類がありますよね。
いろいろ言われてるけど、だいたい6〜10種類あると言われています。
その中でも6種類のシミに分けられるみたい。

 

まず、@炎症性色素沈着
ニキビ跡や引っかき傷の跡などが消えずにそのまま残ったものが茶色く残った沈着のシミ。
これはロスミンローヤルの効果期待大みたい。

 

A老人性色素斑
シミの悩みで一番スタンダードで多いのが日焼けによるシミ。
若い頃のケア不足が年齢を重ねでてくるシミで、ほとんどの方に表れる。
わたしはこれだな…。
これもロスミンローヤルの効果期待大!

 

B花弁状色素斑
海水浴や登山、スキーなど強い紫外線にさらされたときにできる花びらの模様のようなシミ。
これもロスミンローヤルの効果期待大。
いいねぇ。

 

C雀卵斑(ソバカス)目の下にできるシミなんだけど、遺伝要因のよってできるものとそうでないものがあるんだとか。
遺伝によってできたソバカスは紫外線などによってさらに広がったり濃くなったりするんだって。
ロスミンローヤルの効果期待大

 

D肝斑(ぼんやりじみ)頬の下あたりに左右対称にできるくすみのようなシミ。
妊娠中に表れたり、閉経が原因だったりと女性ホルモンが原因でなる。
おっと、これはロスミンローヤルの効果あまり期待できないんだぁ…

 

E脂漏性角化症(出っ張りじみ)皮膚の中ではなく、表面に膨らんで黒く硬化したシミ。
これもロスミンローヤルの効果期待できないんだ。

 

以上が6種類のシミ。
シミに効くとされているロスミンローヤル、全部のシミに対応してるわけではなく、肌の内部にできた過剰なメラミンの発生でできた沈着のみに効果が期待できるみたいです。
年齢を重ねていくとシワやたるみはもちろんのこと、ありとあらゆる老化現象に悩まされています。
若い時はシミも無かったので、全然先のことなんて考えてもなかった。
噂では妊娠したらシミができやすくなると聞いてたけど、そんなに気にならなかったのに、急にくすみがきになりはじめた…。
化粧のノリがとにかく悪いし、化粧しても、目元近くがくすんでて綺麗じゃない(泣)

 

みんながいいって言ってる、ロスミンローヤル今1番気になる存在です。